脳梗塞は前触れもなく発生し、死にも直結する怖い病気です

脳梗塞は何の前兆もなく突然起こる病気です。これは脳へ血液を送る血管がつまってしまったことで、その先にある大切な脳細胞へ新鮮な血液を送ることが出来なくなって、脳細胞が死んでしまうことで脳梗塞が起こるからなのです。

脳梗塞に1度なってしまうと、すでに手遅れの状態となっていることが多いことから普段からの予防が大切となります。

脳梗塞の最大の危険因子は高血圧です。その他にも糖尿病や高脂血症なども原因になることから脳梗塞は生活習慣病のひとつとされています。

そのため普段から血圧の高い方は塩分を摂取する量を控えて、体内の塩分を排泄させる効果のあるカリウム・カルシウムを含む積極的に摂取することが大切です。それでも血灰汁が下がらない場合は医師の診察を受けて血圧を下げる薬を飲んだ方がよいでしょう。

また、脳梗塞の予防に効果がある食べ物として魚が挙げられます。これは魚の脂にはEPAと呼ばれる中性脂肪を減らして動脈硬化を予防する効果や、血液が凝固して血栓になりにくくする効果があることが判明してきているからです。

脳梗塞は死にも直結する非常に怖い病気なので、食生活の改善や魚を多く食べることで未然に防いで欲しいと思います。

PR|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|心の童話|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|ショッピングカート|アフィリエイト相互リンク|GetMoney|家計見直しクラブ|貯蓄|生命保険の口コミ.COM|オーディオ|童話|